人気ブログランキング |

昭和初期。
ある大富豪の娘、隣の木造3階建ての大衆居酒屋兼下宿屋の息子、その高校の友人の3人は仲良しで、一緒に芝居などしたり大学に忍び込んだり、若者らしい友情で結ばれていた。
しかし傾きつつある富豪の家中では確執が澱のように少しずつ娘を狂わせ、娘と密かな恋人である居酒屋の息子と、彼を心配する友人は否が応にも一族の華麗な狂気に巻き込まれて行く。
娘と息子が逢瀬を重ねるため使ったという隠し通路の矛盾、一族が主張する強盗の存在、2人の関係は本当に恋仲だったのか?
友人は大学の図書館で偶然目にした古い資料から疑いを持ち始める。
富豪の一族、居酒屋の主人、下宿している一家、忍び込んだ大学で再会した娘を付け狙う学生、それぞれの動向が交錯する。
そして、娘の身が危ないと思い込んだ居酒屋の息子は、何者かに細工された自転車で下り道をひた走る。それを車で追う友人。しかし不慣れな運転が危うい事故を呼び寄せんとする!
その頃富豪の家では豪奢なパーティの一角で、娘が狂気のままに自らの思いを語り始める。
「本当は強盗なんていなかったんじゃないの?
私達家族みんなが狂っているのよ!」
うふふ、うふはあは!
蝋のシャンデリアと可憐な衣裳に彩られた狂気が今、解きほぐされる…







という夢でした。
推理小説を見るなんて珍しい。
起きたら自分の恋のことが少し整理されてました。脳ってすごいね!ちなみに息子と友人の事故は大丈夫でした。自転車はバラバラですが本人は無事。息子と娘は実は腹違いの兄妹とかなんじゃないかとふんでいます。
# by Rakawa | 2009-01-09 14:01 | メイン

誕生日のいただきもの

しゃぼん玉と3色アメ(吹くよ!)
プリングルス(職場のおやつにするよ!)とイタリアン
鼠ラジオ(聞くよ!)
バナナとくるみのマフィン シナモンがけ・ザ・手作り(ぱくりんちょですよ!)
北島亭フレンチディナー(まじありがとう)
母からの電話
弟からのメール
従妹からのメール
友達たちからのメール


みんなありがとう-ソ
がんばれます。
# by Rakawa | 2008-10-04 01:03 | メイン

ポーニョポポニョョ

オリンピク閉会式みました。
いや凄いですね。ポニョみたい。もしくはオリゼーの群れ。
(ほめてますいやうん凄い凄いょあの幼女のすさまじい笑みとか)

ブラック禁止。

さて雨の休日。落ち込みがひどい。我ながらひどい。
友達に困惑を与えてしまうような悲しさやら虚しさやらに囚われているだけの言葉を複数人の前で口にはすべきない。ましてや公に晒すべきをや。
さてそうすると、語る言葉はなにも持てない何も。


あ、ペキンのこの機にチャイナドレス流行らないかな。そしたら着て出かけるのに。(どこに)
ポニョ妹1匹ほしい
皆さん雨、気を付けて。
# by Rakawa | 2008-08-24 23:01 | ひとりごと

AB型「自虐ネタが得意」

職場にサイフを忘れて切符が買えなかったのでSuicaで帰ってきたらカレ屋があって、今日は疲れたしお腹すいたからカレーを食べてついでにラッシーも頼んで、10%引き券を出したところで職場にサイフを忘れてきたのを思い出した。
お店の人に平謝りして一応帽子を置いて家に帰り、お金を持ってお店に戻り、AB型自分の説明書を買おうかと本気で思いました。

自分じゃよくわかんないので来週遊ぶ友達たち回してチェックつけてもらおうかと思ってたのだけど、項目が多いしさりげに高いしめんどいなと断念。

間を取って(?)ananを買ってみた。

AB型「自己分析が苦手。でもやる。」
# by Rakawa | 2008-08-13 20:30 | ひとりごと

祭りのあと

個人的な打ち上げのあと1日抜け殻になりまして、昨日は1週間ぶりに仕事でした。今日は引き込もってました。

久しぶりに働くと図書館仕事たのしい。

久しぶりに引き込もると部屋汚すぎて居心地いい。布団ラブい。

今週末は母の日なので実家に電話などしようと思う。
# by Rakawa | 2008-05-09 20:22 | メイン

起きたら6時半

起きたら6時半。
6時?いつの6時?

体がよいん余韻してうずうずするので、水曜の通常レッスン行こうとしてたけど間に合いません。すぐ行けば間に合うけど、今日やるつもりの買い物とか掃除とか支払とかができなくなる。

いいや…このテンションでは動いたら転んで足くじくくらいしそうだ。
明日行こう。


知らない人苦手です。
にもかかわらず公演までの3ヶ月知らない人だけの中で頑張ったので(その間にずいぶん仲良くなれましたが)
しばらくは前からの友達と遊びたいですね。

というわけで誰か遊んでください。
3月4月と休みもらいまくってた分、6月までは勤務日が多いですが、基本夜は暇です。

ピクニックとかいきたい
カラオケとか
野菜ビュッフェとか
まあなんでもいいのや
# by Rakawa | 2008-05-07 19:51 | メイン

打ち上げ

洋梨ケーキ+コーヒージェリーフラペチーノ → 五穀米カレー → 日本酒+酒盗+クリームチーズ+村上春樹 → 満喫で漫画(大きく振りかぶって・ベルセルク・シグルイ・のだめカンタービレ・シュガシュガルーン)



公演は久しぶりすぎて、終わったのが信じられなくて眠る気にならないまま、今まで上記のごとくだれてました。
1人打ち上げ。
なんか頭はたらかないのは脳内も筋肉パラダイスなんだと思います。

眠いけどなんか寝るのもったいないけど寝ます
寝たら起きないだろうからもったいない気がする明日(今日)晴れそうなのに

でも先に靴下をぬぎます
# by Rakawa | 2008-05-07 05:04 | メイン

ったーーーーー!!

おわったーーー!!
面白かったーーー

明日から使用曲以外のいろんな音楽きこう(笑)
あとちゃんと出勤して働こう。
あと寝よう。酒をのむ本を読む。

そして何より、出演や練習のための時間やモチベをフォローしてくれたみなさんへ感謝を。

応援メールやメッセージやテレパシーに感謝を。

連休のまっさなかに足を運んでくれた友達たちに感謝を。

先生たち、スタッフさんたち、同じナンバーの人たちに感謝を。

挨拶を、笑顔を、愛情を。
ラブサンクス。


楽日のオープニングと、先生たちに手紙をもらったときと、エンディングに流されたこれまでの記録写真と、舞台が解体されてくときにちょっと泣きました。
オープニング だってもう、歌詞がもう。

みんなにありがとう。
c0035274_23555076.jpg


普段はダンスといい読書といい、1人でどうにかやってたので、慣れない団体行動には心情的にいろいろありました。
喋れなかったりとまどったり話題についていけなかったり、なんか大変だった。
ネガティブ思考も何度か(何度も)顔だした。
怒られたり叱られたりした。

でも
楽しかった!本番面白かった!
ぶっ倒れそうだ!
1人ではできないことを皆でやるという経験は私にとってとても貴重でした。
何度でもありがとう。

楽譜よめるようにちょっと勉強しようかと思いました。
体でなんとなくリズムとってやってるけど、ただでさえ聞き分け悪いし振り覚えも遅いので、理屈の面で補強できるかなと。
特に何分の何拍子とか、何分音符とか。

友達が日記で書いてたDSのゼミナールカンタン音楽力
って良さそうですよね。
DSって今いくらくらい…?
# by Rakawa | 2008-05-06 22:27 | メイン

独り事

裏も表もない奴がこんなに扱いづらいとは思わなかったっ

薄っぺらいやつだからどうにでもなると甘くとらえてた。一番面倒な所のぬいしろ反対に仕上げちまった!やり直しだぜ。

裁縫の話です。
青い方の白い上着の話。
c0035274_2350319.jpg

指が つる…。
c0035274_23511535.jpg


ダンスに夢中のアラカは嫌だとかつて言われ、
家族にはくだらないと切り捨てられ、
ここ近年は性格が悪評のようで、
職場には肩身が狭く、
食事も掃除もなりふり構わず、
寝る間も惜しんで衣装を縫い、
チケットは自己負担で、
行くからDM送ってねという社交辞礼に一喜一憂して友達を失い、


それでも踊る理由は全く自分本意なものだ。
キッズたちは自分本意が許される。
(親の金で公演に出て、凝りに凝った衣装でリハーサル中にDSにいそしめる程に)
26才の私はもう呑気なだけでは駄目なのだ、不自由なことに。

それでも、楽しいです。
そうして笑いながらひとりぼっちになるんだろうか。
ちょっと、結構、やだな。

認められないのはダンスではなく、自分本意の偏狭なアラカなのでしょう。
5日6日の舞台では孤独に澄ましたナルシストと偽善の天使を演じます。
先生はよく見てるね。

ちょっと仮眠 とり
# by Rakawa | 2008-05-01 12:49 | メイン

よむよむ

トーアで布を買ったら違うメーター数を渡されてたらしく、隣の100均まで1.4m布と1.5m定規を抱えたお兄さんが追い掛けてきて取り替えにきてくれた。

イートインできる点心の店であんまんを買って食べてたら中から出てきたのはどう見ても肉で、お姉さんが慌ててあんまんをくれた。かじっちゃった肉まんも食べる。

服屋のギャル姉さんが領収書の「衣装」の字が書けなくてテンパっていたのをおじさんが助けていた。

愛すれど平凡な日々、中野ブロードウェイ。



滞っていた読書感想など。

飽きもせず村上春樹。
寄行の恋人(片思い)が数種の冒険から帰るのを全身全霊の努力と行動力で待つ小学校教員の夏、『スプートニクの恋人』を読んだあとは、春樹さんのギリシャ正教巡礼地旅行記『雨天炎天』を見掛けたので読む。基本山登り。清廉な空気が伝わります。
トルコ編はまだこれから。
スプートニク~ での鍵となる地がギリシャなのです。
『ねじまき鳥クロニクル』と相対する感じ。
近所の井戸⇔ギリシャの聞いたこともない秘島
妻を追う⇔片思いの恋人を待つ
追うために仕事を辞める⇔仕事を全うすることで恋人を待てる、結果彼女は帰ってくる
巻き込まれる妻⇔諮意的にいなくなる恋人
介在する第三者・妻の兄(仲悪い)⇔恋人の恋人(仲良い)

などなど。村上小説は記号的に面白いので分析したくなります。


『夜は短し歩けよ乙女』
 希代の妄想作家・森見登美彦。
人気作家のは図書館の予約数が多すぎて、待ってる間に新作が出てしまい時流に乗り遅れる。森見さんもそう。有頂天家族が出てずいぶんしてからの歩けよ乙女。男子の妄想大暴走。尾行、鯨飲、京都を縦横。


八木啓代『危険な歌 世紀末の音楽家たちの肖像』幻冬舎
タイトルが渋沢達彦ぽーい。と軽い気分でジャケ借り。
日本人女性シンガーの南米放浪エッセイなのだけど、びっくりした、文章がすごい上手い!話題や時系の転換が滑らかで、するりと入ってくる。歌う歌もそうなのかしらと思わせます。
中南米の政情不安、経済難、その一方で歌われる歌は癒しなのか武器なのか。平成10年版なのでフジモリ大統領就任のころの10年前事情ですが、民族音楽好きにはとても興味深く読めると思います。

買った漫画
『エマ⑩』 森薫
『ジェンテ②』 オノ・ナツメ
# by Rakawa | 2008-04-28 16:26 | メイン

肉とチョコレート

いろいろ佳境でせっぱつまってると、体の欲する栄養分が極端になってきます。
最近はもっぱら肉とチョコ。
でも時間がないことが多いのでカロリーメイトチョコとかタイムサービスな魚肉(京樽)とかが多いです。あとはひたすらチョコ。あらゆるチョコ。

そして夜なべで衣装を縫う。ちくちく縫う。
薔薇をどうやって固定しよう。バラを。

1週間つけたままでいい
というコンタクトをおためし中なのだけど、見えすぎる目で裁縫ってやけに疲れる。
視力2.5の友達が「読書は字が近すぎて疲れる」って言ってた意味がわかったよ。

レンタルミシンとかないものか。深夜の家庭科室とか借りれないのかな。

あと網タイツ探して買わなきゃ。網タイツ。
レースの手袋も。

みんな観にくるといい。
5/5と6だよ。3回公演だよ。

こないだジャネットジャクソンが来た所だよ。(ホントに)
なので、発表会といえども結構面白いもの作ってますよ。


あと2週間。
ぅひー
# by Rakawa | 2008-04-22 03:30 | メイン

あらしのよるに洗濯

朝練→夜練→バイト→仕事→深夜練(24時~5時)→仕事→夜練→観劇→仕事
明けた夜は4つ。
眠すぎて気持悪ぃ

がんばる
面白いのができてますょ
# by Rakawa | 2008-04-10 21:23 | メイン

ひきつづき

c0035274_22151593.jpg

レイヤーとチケットができたよ~っ!

慈悲深いかた、仲間たちや仲良しさんとの予定など調節の上、ご希望の日時と枚数をお知らせくださいまし。
置きチケは不可なので(--;)お渡しがてらご飯でもしましょう。
郵送でもいいけど。

チケットノルマが切実なのですのでもう是非きて頂きたい
# by Rakawa | 2008-03-23 22:15 | メイン
脳から面白い汁が出てる出てる出てる。

踊る踊る踊るフィエスタ。
汗ぐしょの後に摂取する飲食からの吸収吸収。
練習でオシリ振りすぎで背中まで痛いよ。

ZEAL STUDIOS発表会「脳内パラダイス」

日時‥5/5(月)18:00開演
   6(火)13:00開演・17:30開演

計3回公演
いずれも祝日
30分前から開場

場所‥文京シビックホール
(後楽園駅 徒歩0分、
春日駅徒歩1分、
水道橋駅徒歩8分)

チケット‥¥3000


2曲でます。
元気で明るいやつ(曲はプリンセススーパースター「PERFECT」ほか数曲の一部)と、
真面目で暗いやつ(ティンパランド「アポロジャイズ」ほか)。

みなさまお誘い合わせの上どうぞお越し下さい。手の平の上のあらかわが見れます。
跳んだり回ったり登ったり刺されたり転がったりします。
でも同じMに出てる小学生女子が私より断然うまいのでそっちに注目した方がお得かもしれません。
1ケタ年齢の子のヒップホップとかリズム感よすぎ。振り覚え早いし。子供は優秀だ。
AKB48の歌とは何の関係も無いはずなんだけど雰囲気は似ているかもしれない複雑。



ていうかリハ練習の集中で9時半から18時半までずっとスタジオってどうよ。
明日絶対立てないよ。

楽しいなあ。


ペンギンの映画を買った。
# by Rakawa | 2008-03-22 01:24 | メイン

ハッピーバースデイ

頭痛いと思ったら雨です。まったくもうっ プンスカ

でも気にせず。だって今日は飲み会。
笑いあり泣きありの席で酒など酌み交わしておりますと、
産休中の職場のかたが無事おとこのこをご出産との知らせが!!
わー☆
すげー!

お誕生日おめでとう!!!乾杯。T田夫妻に乾杯。
私が呑んだくれながらバカやってる間にねえさんと息子さんは頑張ってこの地上に生命を1つうみだしたのですね。
まだ産休に入る前の、少しずつ育ってゆく命と彼女と一緒に働いてた時期を知ってるだけに、感動がひとしおです。
私より小柄なあのひとの中から、出てきちゃうほどの大きさまで自律して生まれてきたのだね。

すげー 生命すげー。

2次会のファミレスまでずっと言ってました。「すげー 生命すげー」
「生むといいじゃない」と数人に言ってもらえたのだけど、いや無理無理ッス
生む環境の整え方が遠い気がする。

ここ最近、久しぶりに生きてる意味とかもやもや考え込んじゃったりしてるのだけども、(バカだね)
生まれてこようとするときの莫大なエネルギーの強さを感じてしまいました。

メダカの卵の世話などしていると、できては生まれ生まれては死に、死の隣で生まれ、またできる卵のしぶとさ、しつこさ、多産さの強さに驚いてしまう。

すげー 生命すげー。
この莫大なエネルギーにあるのはもうとにかく生まれてくるのだ!という意志のもの強さ1本、ほかのことは後から考えればいいのさ!という純粋さです。
人もメダカも、命の強さは変わらないな、と。

人と魚を一緒くたにするのはあまりに単純と怒られちゃうかな。

ともあれ、お誕生おめでとうございます。ご多幸をおいのりします。

>私信
メールでお知らせありがとうv
# by Rakawa | 2008-02-27 00:43 | メイン

わぁい

アランとジャネットを発起人として、ご出産をひかえた職場のかたのお誕生日にめいめいからプレゼントを贈ったところ、
丁寧なお礼状をいただきました。
私は鉢植えの室内用のお花を差し上げたのだけども、「陽だまりの花を眺めながらお手紙を書きました」という言葉をいただいてとっても暖かい気持ち。

お花はあげるのも貰うのも見るのも好きです。
いまいちうまく育てられない無作法が悲しい。

昔よんだ川原泉の漫画セリフが秀逸です。
「…まあ、あれだ。花をもらって怒る人間はあんまりいない」
(『アンドロイドはミスティ・ブルーの夢をみるか?』)

「花は咲くことだけが望みだろう?そして、誰も傷つけずにすむ
花のように生きれたらいいと、僕は」
(堤義貞のサイキックフォース)
# by Rakawa | 2008-02-24 07:55 | メイン

渋谷O‐nest19時

ピアノは良いですねぇ。
ピアノ始めたくなってしまう良いライブでした。始めてもあんなには弾けないから始めないけど。
いやピアノは自由ですねぇ。飛べました。ピアノってとべるんですね!
あとドラムね。ドラムいるからピアノ飛べるのね。仲間っていいね。
G藤さんありがとう。


あっぱ
東京事変も聞こうと思ったょ
# by Rakawa | 2008-02-19 01:11 | メイン
雪ぎゃー!

日曜は朝からバイトで通常は原付で出勤なのですが、

雪ぎゃー!

バスもいつ来るか知れない。徒歩です。いたしかたなし。
長靴はない。実家だ。
古びたスニーカーでいきます。
むん と沈みこむ足音がする。
むん、ぎゅ、っこる むんぎゅっこら。

だれか先行く人のつけた最初の足跡に、更に雪がつもってうすくなっている。そんなにも朝早くからこの人は今日も仕事なのでしょう。

むぎゅっこる むぎゅっこら。

10cmもない小さなあしあとが、おうちのまわり5、6mよたよたと残っている。こんなにもたくさんの白いものをみたのははじめて! とでもいいたげに。

ぎゅっこら ぎゅっこる

猫の趾は肉球がひどく冷たそう。あしばやに駆けてく様が、前足と後ろ足の間隔でわかる。


昨日の夜、宮沢賢治の『永訣の朝』を目にしたのだけども、
(みぞれがふつておもてはへんにあかるいのだ
あめゆじゅとてちてけんじゃ)

正確には永訣の朝に死と生と自らの生きる道とやを感じ入る場面を含んだ『六三四の剣』を読んだのだけども、
(おれはひとりの修羅なのだ)

寝て目覚めたらおもてはへんに明るい。
蒼鉛色の空からこのうつくしい雪がきたのだ。
今日浦安でハーフマラソンとか言ってた主任は大丈夫かしら…

道端にときどきある細長い跡はなんだろう。電線から落ちた塊のあとか?

ぎゅっこる ぎゅっこら

車のわだち跡は積雪の上より歩きやすく見えるけど、びちょびちょして寒々しく感じる。

ぎっこる ぎっこら

道ゆく誰もが雪と雪にかかわるものごとを考えながら足元だけを見ている。

ぎっ。

バイト先はスポーツクラブです。
朝の洗濯をするため、タオルの山をカゴごと外に出します。
前の洗濯が終わるまでかわいそうに吹きさらしで待つタオル。いつしかこんもり雪をかぶる。
か、かさこじぞう…

ランニングトラックを社員さんが雪かきしてくれました。交代で総勢4人がかり。
雪用のあのでかいシャベルで ッゴーーー と走路を進んだあとはかき分けられた雪棚が御神渡りさながら。

雪かき 、って口に出すと何か楽しい気持ちになる。雪かき。雪かき。

文化的雪かき。ダンス・ダンス・ダンス。「楽しい雪かき」「そのとおり」
また春樹ネタです はいすみません。

雪がふったというネタだけでこれだけ行を割けるなんて、どうやら浮かれているらしい。
帰りは商店街にあるこだわりの肉まん屋でモグモグしていきます。

「ふむふむ」
「もぐもぐ」
(回転木馬のデッド・ヒート「パン屋」)
# by Rakawa | 2008-02-03 17:45 | メイン

続く妄想

詳録を述べますと、

ある晴れた昼下がり音楽ききながら寝っころがってたら通りすがりに踏まれそうな感じで目があったので床に大の字のまま笑いかけたら逆さまにキスして立ち去ってゆく
、みたいのがいい。

ある秋の夜長のこと背中あわせにそれぞれ何かしてて会話は特にないものの時おりもぞっと動く肩の暖かさだけがわかる
、とかも良い。
部屋メガネ着用とかだと良い。

一緒に料理とか良い。

遊び半分に奪った眼鏡を顔を上げさせ掛け直してあげる一瞬目を閉じたところをついて …なにやら
、とか良い。

そのあとの仕返しとかもご愛嬌。

昼寝しすぎて寝れないままもう4時近くだよぅとジャンクな日記とか書いたりなど勿論せず隣にいる人の手を触ったり髪のにおいかいだりして気をまぎらわせようとしたら起きちゃって寝惚けつつマジギレされたりとかのほうがいい。

まあだいたいこんなことばかり考えているこれだから連休は駄目なんだ。
# by Rakawa | 2008-01-10 18:44 | ひとりごと

終わりの続き

休みが続いても寝るか読むか書くかで何も芯のない暮らしになるのであまり良くない。
ごはんも1食とかになるし。
料理がリセットになる、というよしながふみの意見は同意だけども、作ったら誰かとそのおいしさを共有したくなってしまうので虚しいから冷凍した作り置きで数日もってしまうのよ。


「少なくとも文章による自己表現は誰の精神をも解放しない。
もしそのために自己表現を志している方がおられるとしたら、それは止めた方がいい。自己表現は精神を細分化させるだけであり、それはどこにも到達しない。もし何かに到達したような気分になったとすれば、それは錯覚である。
人は書かずにいられないから書くのだ。
書くこと自体には効用もないし、それに付随する救いもない。」
(『回転木馬のデッド・ヒート』村上春樹)

村上春樹の文章について思うところを書いたら長くなるのだけども、

熱すぎもなく冷たすぎもない流水のようにするりと入ってくる。
しかも不快ではないさまざまを含んでいて、透明でありながらあらゆる色を隠している。
ミネラルウォーター…?
夏目漱石が確立したいわゆる日本文学の特長として、
ひとつの無駄な言葉もなければ余計な言葉もない、(と高校のとき習った)素材をぎりぎり最大限いかした薄味料理のような魅力がある
のに対して、
説明装飾の美しさを知ったのが村上春樹の文章だった。生きた記号の強さも知った。
カギカッコや傍点やといったものの無気力な存在感が、主張しない言葉を静かに際立たせるのだ。
うまくいえない。

うまくいえない気分を的確に平易にことばにしてのけるのもものすごい。

「生まれてはじめて小説を書いてはみたもののどう処理すればいいのか自分でもきめかねて混乱している、自分が書こうとした素材と自分が書いた作品とのあいだには大きなギャップがあって、それがいったい作家にとって何を意味するのか自分にはよくわからない。ほんの短い批評なりともいただければそれにまさる喜びはない― と手紙にはあった。趣味の良い便箋と趣味の良い封筒だった。誤字もなかった。そんなわけで僕は彼の小説を読んだ。」

混乱、と意味、の使い方がなんとも言えず良い。


書かずにいられないから書いた文字の羅列は
めもりで細切れにされた時間と同じで、
衣服で分化されるアイデンティティに似ている。
細分化された時間に便宜はあっても意味なんかない。
乙一の例え(ジョジョ作中)に倣うなら、全てがジャンクでできたDNAだ、夜中の日記なんてのは。

「イミナシホーイチ、イミナシホーイチ」
(『頭のうちどころが悪かった熊の話』安東みきえ)
タイトル&ジャケ借り。
人生について考える動物偶話とあったけどもまったく物足りない。
可愛い動物と挿絵と装丁それだけでいいならいいんじゃない?
それだけが必要な日もありますから。


昼間寝る幸せと夜寝る心もとなさについて。
頭部が寒いので布団かぶって寝るのだけども、当然というか息苦しくなって外に顔出そうとしたときに、布団の向こうに待っているのが光か暗かの相違がある。
外に光が待っていると思うから安心して潜っていられる。
電気つけたままこたつで寝ちゃう気持よさも同じだな。

声が届く場所に好きな人がいる安心感に似ている。
笑いかけたらキスが戻ってくるような充実感を夢見る。

おやすみなさい。

『大きな熊が来る前に、おやすみ』
と『おやすみ、怖い夢をみないように』
がかぶる。
# by Rakawa | 2008-01-10 18:43 | メイン